アパレル業界で生き残った『人を知る』テクニックの身につけ方|好きな気持ちが最重要

スポンサーリンク
  • 「アパレル店員は激務だけど、好きだから」
  • 「人と話する事も好きだし、大丈夫でしょ」

 

こんな気持ちでアパレル店員として働き始めた人は多いのではないでしょうか?

実際に働き始めると現実と理想のギャップがありますよね。

店員さんは疲弊してしまい、入れ替わり立ち替わりといった風景も珍しくはありません。

そんな中、一人の新人アパレル店員の葛藤をご紹介したいと思います。

果たしてその店員はどうやって、日々の悩みに打ち勝っていったのでしょうか?

憧れで入ったアパレル業界の現実を知る

アパレル店員の仕事は、憧れで始めましたがアパレルは感覚的要素も大きく反映されます。

好きや興味、日頃の勉強だけでは、なかなかままならない職業だとぶち当たった壁でした。

自分だけでファッションを楽しんでいるのと、お客様に服装を提案・会話したりするのは全く違います。

 

「自分には合わないのではないか?」

 

辞めようかと思い悩む毎日でした。

 

私の配属されたブランドは、少し普段の自分の服装とは違ったテイストのお店で、お客様に勧める上でとても苦労しました。

特に接客に力を入れている会社だったので、まずはいろいろなお客様に対して相談にのりながらコーディネートを提案しなくてはなりません。

お店の商品を把握することはもちろんのことですが、入れ替わり立ち代り新しい商品が入荷され、把握しなければならなく精一杯でした。

コーディネートの組み合わせが自分の中にバリエーションとしてあってもお客様に提案する上では、それぞれに合ったもの、求めるものが違います。

こちらからお声掛けをしなければならない立場でありながらも、適した提案ができていないのではと感じるようになり、声を掛けてる事すら怖くなってしまった時期もありました。

解決策は『その人を知る事』がキーワード

声掛けの仕方、ファッション感覚、知識‥。

さまざまな視点から養って自分のものにしなければならないということだけでした。

しかし、そのようなスキルや知識は一朝一夕で身につくものではありません。

そこで時間はかかっても『お客さんを知る努力・工夫をしよう』と、自分の中で覚悟を決めました。

時間をかけてひたすら観察した

まず、私がしたことはとにかく人の服装、髪型、体型、雰囲気をひたすら観察すること。

同じような服装をしている人でもコーディネート以外の要素が違えば全く違った印象を受けるものでした。ファッションに正解はない!というのがまず感じたことでした。

次にしたことは、休みの日や空いた時間に他のアパレルブランド店に出向き、接客を受けることでした。

その時は、自分で声掛けをするタイミングが全く分からなくなっていました。

  • お客様が声を掛けられることを求めていらっしゃるのだろうか?
  • 今はどんな提案を必要としているのだろうか?

 

そこで自分がお客様の立場になって接客を受ける事で様々なことを、良くも悪くも学べる方法でした。

  • こんな質問をしたらどう答えてくれるのか。
  • どんな提案をしてくれるのか?

働くまでは購入する服装目線で、店員さんの対応を強く意識することはありませんでしたが、「店員としての勉強」として初めて店舗に行った日は新鮮でしたね。

『お客様目線』という見方を初めて実感できて、とても勉強になりました。

他の人の感性を知る事

次は、今話したことと似たようなことなのですが、他の人の感覚を知ることです。

接客をする中で自分が良いと思うものを、他の方からすればあまり良いものに感じないことがあるからです。

そこで、身近な一緒に働くお店のスタッフ同士で意見を交換することを意識しました。

店内の商品でコーディネートを提案するだけでなく、この服にはこんなアイテムをプラスするとガラッと雰囲気が変わるよねー。

とか、着回しが効かなそうなアイテムもこんな合わせ方をすれば、こんなに魅力的なものに見えるなど、スタッフが集まれば集まるほど千差万別な意見が聞け、感覚が養えるのです。

『好きな気持ち』があれば大きな不安にも打ち勝てる

最初のうちは、意気込みもあり不安がありながらも頑張れるのですが、その仕事の見えなかった部分を知り始めることで不安ばかりが大きくなり、向いていないのではないかとよぎってしまうものです。

自分に向いている、やりたい、好きだからと思えて始めたことならば、より挫折の気持ちから辞めてしまうのはもったいなくも思います。

私の場合、他のスタッフにも恵まれたのだと思います。

仕事上の挫折もわかってくれる人・・・・・・・・がいるだけで、随分と乗り切る気持ちへの力になるものだと自分の経験から感じ取れたことでした。

もし、この記事を最後まで読んでくださった人が今持つ悩みが少しでも解消され、仕事への意欲ができたのならあなたが先輩になった時に手を差し伸べてみてください。

きっと、微力に感じることでも相手の大きな力になるのではないかと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました