もう疲れた…今度こそ失敗しない人間関係の良い転職先を探す方法

転職
スポンサーリンク

転職の理由の常に上位を占めるのが「人間関係の悩み」です。

給料が悪くても、仕事がキツくても、人間関係が悪いことだけは耐えれない。

 

しかし、問題になってくるのが転職先です。

キャリアアップや仕事内容を変えたい転職ならば、目的がはっきりしているので行動に移しやすいのに対し、人間関係での転職はどこが正解かわからないのです。

この記事では人間関係の良い会社を選ぶポイントと、おすすめの転職サイトをご紹介したいと思います。

焦らない!まず会社・職場を理解する事

人間関係の転職での最重要事項は、転職前に職場を理解する事です。

働く環境、どんなタイプの人がいるのかなどを事前に知って、実際に働いているイメージをして自分に合うかどうかを判断した方が良いのです。

働きたい職場を口頭で伝えるだけで、あなたと会社の双方がWIN-WINになれる転職など、運が良くない限り巡り会えないのです。

 

新卒の就職活動では、インターンなどで事前に職場で一定期間働き、採用を決めますよね。

  • 新卒側としては実際の仕事や職場の人間を知ることができる
  • 企業側としては能力が計算でき、職場にも馴染めそうである

という背景が強く効いてきます。

 

しかし、すぐに転職先を決めないといけないと焦ってしまうものです。

働かなければ金銭面での不安がどんどん膨らんできます。生活に不安を覚えて就職活動どころではないと思うかもしれません。

でも考えて見てください。

新卒などで就職した会社の離職率は大卒で3年3割とかなり高いですよね。

就職したことはないといえ、ある程度の分別があり、時間をかけて企業を調査できる大卒がなぜ3年間で3割もやめてしまうのでしょうか?

就職することだけが目的となってしまった結果ではないでしょうか。

 

すぐに焦って転職してしまうと、同様の失敗をしてしまう確率が高まってしまいます。

ですので、まずは会社・職場について知ることが大事なのです。

転職前に人間関係が良い職場か調べる方法

働く会社を調査する段階で、可能な限り人間関係が良好な転職先を知ることができます。転職しなければと焦らずに、じっくり自分の目的にあった職場を見つけましょう。

求人募集が多いところは要注意

求人募集が常に多いところは、人の入れ替わりの激しい職場だと言えます。

多くの人がやめる職場というのは、激務で辛い仕事が多く、人間関係が殺伐としてしまうケースが多いです。

肉体的にも精神的もすり減らされる職場であるケースが多いので要注意です。

職場の口コミサイトを利用する

[職場名] 口コミ
検索

このような検索を行えば、職場の口コミをインターネット上で閲覧することも可能です。

Vorkers」「カイシャの評判」「キャリコネ」などのサイトから、給与・残業情報だけではない、生の声を手に入れることができるでしょう。

もちろん口コミだけを信じるのではなく、あくまで参考にとどめておきましょう。感じ方は人それぞれですし、同じ会社でも部署・グループ単位での人間関係を完全に反映することはありえません。

しかし、会社全体の雰囲気は、グループやチームに少なからず伝搬しているはずなので、かず多くの口コミをみることは無駄ではないでしょう。

転職エージェントを活用する

転職をするならば必ず利用したいのが転職エージェントです。

転職サイトからご自分で探して、面接、採用という流れをイメージしている方は、エージェントとの面談を一考した方が良いでしょう。

転職エージェントは今までの転職データを数多く持っています。

転職サイトに掲載している会社の中で「実際は完全にブラックだよな…」「この会社意外といい会社だな…」「この会社に転職した人の離職率が異常に低いな」など、日々のデータから判断した客観的な視点を持っています。

 

また、具体的な悩みや望みを相談することで、ご自身が思い描いていなかった職種を紹介され、それが自分にあっていたというケースもあるようです。

転職はプロ相談した方が良い結果に繋がったり、転職後に納得して仕事に集中できたりするのでぜひ活用しましょう。

本当に良い職場か面接時にも見極める

事前調査で良いと思っても、実際に働いてみると違ったなんて話はよくあることです。

転職したい会社をピックアップし、面接に漕ぎ着けたときに、採用されるかどうかの場ではなく、社内の雰囲気を見極める機会として利用しましょう。

思い描いている会社像とのズレをチェックする

口コミや転職エージェントの面談を経て、あなたが思い描いている会社像と面接官の言っている事にズレがないかをチェックします。

 

例えば事前調査で、「縦関係が強くなく、社内で誰もが意見を言える雰囲気」とPRしている会社であるのに、実際にプロジェクトの進行などでは「上司が決めたことを遂行するだけ」という実態が面接の言葉の端々から読み取る事ができたりします。

 

実際に転職した時に、失敗したと感じるのはイメージのズレです。

逆にイメージに近ければ、多少の苦難があっても乗り越えられるものです。

一番若い面接官の質問内容が大事

面接の際には必ず一人は若い面接官がいると思います。

その人の質問内容がどんな内容か注意して聞いてみてください。ありきたりな内容ばかりではないでしょうか。

面接される側からしたら意識しないかもしれませんが、企業側も面接官を育てなければいけません。これからの社会に必要な人材を発掘するには、何を見れば良いのか日々考えて実践していく人材になって欲しいと考えています。

そんな中、ありきたりな質問しかしない若手の面接官はどうでしょうか?若い人がチャレンジできる雰囲気や面接官側での人間関係上、遠慮していると捉えることもできます。

面接中にユニークな質問や的を得たような質問が若い面接官から出てきたときは、若手の意見が言いやすい会社にしていこうという姿勢が見られますよね。

また、ありきたりな質問ばかりしている若手に対し、「もっと面白い質問はないの?」など上司の面接官に指摘されている姿を見ると、この会社は若手を大事にして育てる文化が根付いているのではと判断する事ができます。

給与・残業などの会社規則が明確である

  • 給料は〜くらい
  • 残業は週に◯時間程度

事前調査で明確に数字がわかる部分が、実態と違わないか聞いてみましょう。

直接は聞きづらいので遠回しにでも聞いてみると実際の雰囲気がわかるかと思います。

実態が会社規則に反する場合は注意です。

 

会社として「嘘」をついているという事ですから、信用する事などできません

社員が会社を信用できず不信感が充満している中の人間関係は、お互いが疑心暗鬼になってギクシャクしがちです。

試用期間のある会社で実際に働いてみる

「事前調査や面接だけでは、わかる訳が無い」

 

そんな方は、試用期間のある会社に応募してみるのも良いでしょう。

試用期間とは企業側が実際に業務できる能力があるかどうかを、実際に働いてもらう事で判断する事です。

少し安いですが給料もいただけるケースがほとんどですね。

本採用ではないので、採用されるかどうかの不安を抱えながら仕事をするイメージがあると思いますが、逆に考えてみましょう。

あなたがそこで仕事がしたいかどうか判断する時間をくれるわけです。

 

試用期間を経て、採用してくれる事になっても、あなたが会社に対して合わない、人間関係がイヤという理由で断ることもできます。

転職先に本採用されてしまうと、イメージと違っていて辞めたいと思ってもなかなか辞める事ができません。これはリスク以外の何者でもありません。

 

企業側からしたら、本採用するのになぜ拒否するのか?と思われるかもしれませんが、試用期間中で終了してくれた方が業務への影響も少ないので良い方法かと思います。

転職までに金銭的に余裕がない人は

ご紹介した方法を実践するには「時間」が必要になります。

転職を希望していても、金銭的に余裕がなかったり不安に思ったりする人も多いでしょう。

基本的には現在の職場で働きながら、転職活動をする事がおすすめです。

 

しかし、人間関係に耐えきれずに辞めてしまった方はどうすれば良いでしょうか。

そんな時は短期・日雇いのバイトをして行くと良いでしょう。世間一般の感覚でいえば「会社勤めを辞めて日雇いバイトしている」というと良いイメージはありませんが、自分が輝ける人間関係を築ける職場探しのためにしていると考えれば前向きに実践できます。

  • 短期のバイトなどやりたくない
  • 正社員でないと嫌

など無駄なプライドは捨てて、本当に自分が大事にしているものに向かって頑張ってみてはどうでしょうか?

\おすすめの短期バイト検索サイト/

さいごに

人間関係の良い職場探しをするためにできる事を挙げてみました。

職場の人間関係でトラブルになった人は、その後の転職でもナーバスになりがちだと思います。酷くなると人間不信になったり、働けなくなったりするかもしれません。

そのためにも自分が働きやすい場を焦らずじっくり決める事が大事です。

金銭的に余裕がない人は、短期や日雇いバイトなどをこなしながらでもそうするべきだと思います。

一度、正社員として働き始めると「短期、日雇いのバイトなどやってられない」と思う人もいるかもしれませんが、自分が働きやすい人間関係が構築できる職場探しに必要な事と割り切れば耐えられると思います。

  • 早く転職先を見つけなければ
  • 正社員でないとダメ

などの思い込みは捨て、自分の本当に輝ける場所に行くための努力のみしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました