無趣味の社会人は筋トレを始めるのがおすすめ!有意義な休日の過ごし方

自己啓発
スポンサーリンク

「休日は暇でやる事がない」

「趣味があったら良いけど娯楽に金を使うのも…」

無趣味って意外と辛いですよね。自分も趣味をもって気持ちよくリフレッシュして、月曜からまた仕事を頑張りたいなぁ〜と昔は常々思ってました。

しかし、無趣味だった頃の私が見た、趣味を持っている人のイメージとしては、

  • 人生を楽しんでいそう
  • いろんなコミュニティーでの繋がりが多そう
  • 体力がありそう
  • お金を使ってる
  • なぜ意味のない事ができるのか疑問

あまりコミュニケーションが得意じゃない私にとっての趣味とは、体力面・金銭面・コミュニケーションによる気疲れが嫌であまり趣味を探そうとはしませんでした。

さらに趣味=娯楽というイメージがあり、娯楽を嗜む事は自分にとってマイナスである。つまり趣味を持つ事は自分にとってマイナスだと感じていたのです。

しかし、無趣味で楽しみのない人生なんて全然面白くありません。そこで私は実用性を兼ね備えた趣味を実践してみることにしました。

その趣味こそ筋トレです。

筋トレはとてつもなく優秀な趣味である理由

老若男女に本当にオススメです。

趣味を探している人はまず実践すべきだと思っています。

  • 基礎体力の向上
  • 筋力アップ
  • ストレスの発散
  • ダイエット

など筋トレはあなたにとってプラスになる効果が盛り沢山。その効果について具体的に説明しましょう。

体力がつき、健康になる

無趣味の人は家に引きこもりがちで運動不足の人は多いと思います。

運動不足解消はもちろんのこと、効率よくトレーニングを行えば、他のスポーツに比べて短期間で筋力・基礎代謝を上げることが可能です。

運動量も2回/週の1時間のトレーニングができれば、見違えるほどの効果が期待できます。

「短時間で集中的にしたい」「明らかな変化を感じたい」というタイプの人にはありがたいです。

また、筋トレによって生じる明らかな変化は「中毒性」をもっています。

  • もっと筋肉をつけたい
  • 体幹を鍛えたい
  • もっと柔軟性のある筋肉をつけたい

などの新たな目標ができて続けやすいです。さらに

  • もっと効率・効果の高いトレーニング方法は?
  • もっと食事に気を配ろう。

など、より健康になろうとする力が働いてくれます。

自信がつく

筋トレする事で体が絞れたり、筋力が増したりすると何故か自信がつきます。

仕事で心が折れそうな時や失敗した時でも「俺には筋肉がある」と思うだけで、かなり気持ちを緩和することができます。

人間は「自分には何もない」と思ってしまうと、どんどん塞ぎ込んでしまい悪いスパイラルに入ってしまうものですが、筋肉がそれを防いでくれます。

さらに、背筋や肉付きや良くなると、周りから見ても自信がありふれているように見えるため、説得力が増すという効果もあります。

仕事でのチームリーダーや過去にクラスの中心だった人物はどうだったでしょうか?「自信に満ち溢れている人」こそ中心になり、信頼されていたでしょう。

ランニングより筋トレの方がダイエット効果あり

体脂肪を直接燃やしてくれるのは「有酸素運動」です。それに対して筋トレは無酸素運動と呼ばれ、筋トレを行っている最中は体脂肪はほとんど燃焼されません。

そこで「ダイエットをするならランニングの方が…」と思われる人もいるかもしれませんが、筋トレの方がダイエット効果は大きいです。

ランニング:運動時のカロリー消費のみで30分でおにぎり1.5個分
筋トレ:トレーニング後、筋力UP後の代謝UPでカロリー消費

ただのランニングは心身のリフレッシュとしては使えるだけで、ダイエットとして運動するなら、まずは筋トレで筋力をつけることによる基礎代謝UPは不可欠な要素なのです。

筋トレをする上での注意点

筋トレはメリットばかりで、本当におすすめなのですが注意点があります。

間違った方法でトレーニングしたら、効果が減ってケガをする恐れがありる事です。

なので、最初はパーソナルトレーナーをつけてトレーニング教えてもらうことをおすすめします。

個人的に勉強して始めても良いのですが、せっかく時間を使って筋トレするのに効果が薄かったり、ケガをしたりすると最悪です。

良き師匠が近くにいれば教えてもらって良いですが、いなければパーソナルトレーナーに教えてもらった方が賢明です。

私も筋トレを始めた時はトレーナーの方(ガチのボディビルダー)に頼みました。ボディビルダーの方は筋力のみならず、ダイエットのプロでもあります。

5回で3万円を支払いましたが、トレーニングの「いろは」を教わることができ、今でも自分がやっていることを信じてトレーニングを続けれています。

ジム代も市民スポーツセンターなどでは、300円/回とかの格安で利用できたりするので、初期投資は少しかかりますが、長期的に見ると安いものです。

ジムを通う上での不安要素と体験した結果

「筋トレ最高!さあジムに通ってみよう!」

といった気持ちになっても「実際に行って筋トレしたらどうなんだろう?」と不安がありますよね。私が不安に感じていた事とその結果をご紹介します。

ムキムキが目的ではない。なりたくない。

答え:なりません。運動強度・プログラムで理想の体を目指せます。

女性の方に多いと思いますが、「筋肉質な自分が筋トレしたらムキムキになるから嫌」といった不安点がありますね。

しかし、運動強度・プログラムを調節する事で、理想の自分の体になる事ができます。

ライザップでも食事管理+筋トレで痩せるプログラムを組んでいます。

私の姉は高校でハードな部活に所属し、筋肉質だったこともあり、女性の割に力こぶが出ていてコンプレックスだったと言っていました。

無趣味の姉に筋トレを勧めて最初の反応は微妙でしたが、行き始めるとトレーナーの方と仲良くなり、肩こりが改善したりと結果的に喜んでいました。

最初にトレーナーをつけて、理想の体型に向けてのトレーニングを教われば問題なかったようですね。

なんとなくジムに入りづらい

答え:いつでもウェルカムです。

「日頃から意識高く鍛錬している人の中に、なんちゃってデビューして良いものだろうか?」など思ってはいないでしょうか?

でも逆の立場で考えてみてください。ジムを運営する側にとっては人がたくさん来てくれた方が嬉しいですよね。

なので、初回訪問などではもの凄く親切に説明してくれたり、教えてくれたり、あなたの不安点を取り除けるように努力されてます。

むしろ、王様気分で行ってくれば良いと思います。

自分のだらしないボディを見られたくない

答え:みんな気にしてません。

「脂肪の塊のような自分を見られたくない。恥ずかしい!」という気持ちは本当にわかります。確かに見られたくないでしょう。特にガチの人に見られると恥ずかしと思ってしまいますよね。

でも、ガチの人にとってはよくある光景で全く気にしていません。

さらに最初は恥ずかしいのですが、慣れたらなんともありません。

ジムで人と顔を合わせたくない

答え:交流したくない人でも大丈夫です。

私は基本的にジム内で話すことはありませんし、格別仲の良い人もいませんが楽しんでやれてます。そこは人それぞれですね。

また、女性の方は男性と同じ場所でトレーニングしたくないと思う人もいると思います。巷では女性専用のジムも多数存在しているので、そちらに行っても良いかもしれません。

料理にも興味がもてる

休日や暇な時間に料理をしたりするのも良い手です。

  • 健康的な食事
  • 平日の忙しい時に「おかずのストック」で時短できる

など、皆さんも想像通りのメリットが挙げられます。

今までは「料理を作るのが面倒くさい」と思ってスルーしていた方も多いと思いますが、筋トレを始めると、逆に興味が湧いてきます。

  • 基礎代謝をもっとよくするためには?
  • 筋肉を効率よくつけるには?
  • もっと健康な体になるためには?

と言ったような思考回路になります。

前述したトレーナー付きの筋トレは、ほぼ100%体に違いが出てくると思います。そうなると面白くなって「もっと良くするにはどうすれば?」と考え始めるのです。

食事は体づくりにおいてかなり重要な要素なので自ずと興味が湧いてきます。

私の場合は、最初はトレーナーの方に簡単なノウハウを教わってみて実践、その後は自分でCookPadやその他サービスなどを利用して調べたりしてレパートリーを増やしました。

今では平日の忙しい日でも週末に作ったおかずを食べて、以前よりも圧倒的に健康な食生活を送れています。

さいごに

無趣味の人におすすめしたい趣味を紹介しました。

特に無趣味でも「趣味の意味」について深く考えてしまう人におすすめです。仕事・人間関係・健康など社会生活していく上で重要な要素を良い方向にもってくるためと考えれば、早速実践したくなってきますね。

実際に筋トレを始めると、健康面だけでなく精神的に充実することも実感すると思います。

重要なのは初回にパーソナルトレーナーを付けて、できる限りのノウハウを学ぶことです。初期投資は少し必要ですが、1ヶ月ほどジムのパーソナルプログラムを実践してみては如何でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました